シンガポール弓道会創立6周年 Singapore Kyudo Association 6th anniversary

10月24日、シンガポール弓道会が創立6周年を迎えました。
シンガポール弓道会の兒玉真理子さんよりメッセージが届きましたので共有させて頂きます。

On October 24th, the Singapore Kyudo Association celebrated its 6th anniversary.
I received a message from Mariko Kodama of the Singapore Kyudo Association, so I will share it.

シンガポール弓道連盟Kyudo Association (Singapore)はおかげさまで六周年を迎えました。
感染防止対策を取りながら、この度記念射会行う事ができました。設立以来ずっと温かく見守り応援してくださって皆さまに心よりお礼を申し上げます。
現在は海外渡航も難しい状況ですが、国際セミナーや大会が一日も早く再開し、世界中の弓友の皆様と集う事ができる日を、メンバー一同楽しみにしております。
これからもシンガポール弓道連盟をどうぞよろしくお願い致します。

The Kyudo Association (Singapore) celebrated its sixth anniversary this year.
Having infection control measures in place, we have successfully held the commemorative shooting event.
I would like to thank you all for your warm support and encouragement since the establishment of the association.
Although it might be difficult to travel overseas during this time, we all look forward to the day when the international seminars and competitions resume so we are able to get together with the kyudo friends from around the world. Thank you for your continued support for the Kyudo Association (Singapore).

以下は射会の概要です。 人数制限のため二部制に分けて実施 射位以外ではマスク着用。
1:Goh Horng Bor会長による矢渡
2:ファンシューティング ジュニアメンバーでも楽しめるように的を18メートルに設置して、ビンゴゲーム。

An overview of shakai. Due to the limited number of people, it is divided into two parts. Masks are worn except for shai.
1: Yawatashi by Chairman Goh Horng Bor
2: Fan shooting A bingo game with a target set at 18 meters so that even junior members can enjoy it.

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »