第42回 日本古武道演武大会

2月3日、日本武道館にて『第42回 日本古武道演武大会』が開催されました。
歴史と伝統を持つ古武道の「技と心」を保存、伝承、振興するために全国各地に伝わる古武道の中より厳選した35流派が出場。
トップバッターとして小笠原流による百々手式が披露されました。

“The 42nd Japan Ancient Martial Arts Concert Tournament” was held at Nippon Budokan on 3rd February.
35 Ancient Martial Arts that carefully selected from the ancient martial arts that are transmitted throughout the country to preserve, pass on, and promote the traditional “martial arts” with history and tradition participated.
As a top batter,Ogasawara-Ryu showed the Momote-shiki.


会場内からは大きな歓声と拍手。
8分間に渡る小笠原流の演武は無事に終えました。
二天一流や柳生新陰流といった多くの剣術を始め、柔術や薙刀といった幅広い古武道流派が次々と演武を披露、見る者の目を釘付けにしていました。
中には真剣を用いた演武を披露する流派もあり、会場内は緊張感に包まれました。

A big cheer and applause from the hall.
The performance of the Ogasawara over 8 minutes finished successfully.
Audience became glued to lot of Martial Arts.
The audience was nervous because some Martial Arts use a real sword.

最後に演武を行ったのは大迫力の陽流砲術。
The last performance was Yo-Ryu-Ho-Jutsu.It was breathtaking!

全てを見終わって特に強く感じたのが、どの流派の演武を見ても体幹がとても重要視されている事。
片足での斬撃や座った姿勢での投げ、どれも体幹がしっかりしている様に感じました。
自分が弓を引く際にも改めて体幹を意識してみようと思います。
弓の練習はもちろん、時には別の武道に視点を向けてみるのも良い勉強になりますね。

Especially when I finished watching everything, I felt it strongly that the core muscles is very important regardless of which Martial Arts.
Slashing with one foot,Throwing in a sitting posture,I felt the core muscles was so solid.
I think that I will conscious of thecore muscles once again when I practice Kyudo.
Sometimes it is a good learning to try to look at another martial art.

本演武大会についてはこちらをご参照ください。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る
Translate »