モンペリエにて仏国内合同セミナー

1月19日・20日、フランスの3つの地区、12の道場から集まった46人の弓引きによる合同セミナーがモンペリエにて開催。
主任講師レギーネ グラデュエル先生による射型の改善と射の充実をテーマにしたセミナーが執り行われました。
On January 19th and 20th, a joint seminar by 46 people gathered from the three districts of France, 12 dojos was held in Montpellier.
A seminar on the theme of improvement of the shakei and enrichment of shooting by Régine Graduel sensei was held.


セミナーはローレンス オリュー先生、シャルル ルイ オリュー先生、トモコ シモムラ先生による一つ的射礼で始まり、
その後、参加者による審査を想定したセミナー参加者による五人立ちや、以下のワークショップが行われました。
The course began with a Hitotsu mato sharei ceremonial shot by Laurence ORIOU sensei, Charles – Louis ORIOU sensei and Tomoko SHIMOMURA sensei.
After that, the Gonindachi by seminar participants assumed for Shinsa and the following workshops were held.

ワークショップ1:丹田、引き分けおよび伸び合いの研究、実践および修正。
ワークショップ2:離れと伸び合いの研究、実践、修正。
Workshop 1: Study, practice and correction of Tanden(innerpart of the lower abdomen), Hikiwake and Nobiai.
Workshop 2: Study, practice and correction of Hanare and Nobiai.

20日の午前、この日は五段以上の参加者による持ち的射礼で始まりました。
On sunday morning, this day began with a Mochimato-sharei by over 5th dan participants.

その後、前日に行ったワークショップの内容と入退場の体配についての講習が行われました。
閉会式では全日本弓道連盟の段位取得者へ認許状の授与を行い、セミナーの閉会となりました。
After that, a lecture was given on the contents of the workshop and Taihai about entry/exit.
At the closing ceremony, they gave a exequatur of the ANKF who passed the Shinsa, and we closed the seminar.

同日午後、セミナー参加者による射会が行われました。
3位決定戦は遠近で行い、午後四時頃に二日間全ての工程が終了しました。
Seminar participants launched a match on the same afternoon.
The 3 rd decision game was done in the Enkin-kyosha and all the processes were over for 2 days around 4 pm.

1位 アレクサンドル イリ Alexandre ILLI  9/12
2.位 トモコ シモムラ  Tomoko SHIMOMURA 7/12
3.位 ステファン ガンツ Stephan GANZ 7/12

日本では講習会を二日間にかけて行う事は少ないので非常に内容の濃いセミナーだと感じました。
講師の先生方、セミナー参加者方々、お疲れ様でした。
In Japan it is very few things to do seminar for two days so I felt it was a highly contented seminar.
For instructor teachers, seminar participants, thanks for your hard work.

元の記事はこちら Original article by CNKyudo

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る
Translate »