ハンガリー弓道連盟のご紹介

ハンガリー弓道連盟会長のタマス・カロリィさんよりご連絡があり、ハンガリーでの弓道の活動状況を教えて頂きました。
是非みなさんにシェアさせて下さい。

We received a message from Kàrolyi Tamàs, President of the Hungarian Kyudo Federation, who told us about the status of Kyudo activities in Hungary.
Please share it with everyone.

ハンガリーで行われている弓道は日置流印西派、全土で約50名の弓道家が日々練習を行っています。
2001年にソンバトヘイで設立・建設された活人館弓道場がハンガリーで最初の弓道会ですが、
その後、2006年に設立されたブダペストの武弓会が最も活発に活動をしています。

The archery held in Hungary is practiced by the Hekiryu-insai-ha, with around 50 archers practicing daily throughout the country.
The Katujin-Kan Dojo, which was established and built in Sombhathey in 2001, is the first Doji in Hungary.
After that, the Bukyu-Kai in Budapest was established in 2006 and it is most active Dojo in Hungary.



写真は第七回国際日置大会の様子。ハンガリーで開催されました。第八回・第九回大会もハンガリーにて開催されました。
The photograph is the state of the 7th International Heki Taikai. It was held in Hungary. The eighth and ninth Taikai were held in Hungary.

弓道の普及活動も活発に行っており、ブダペスト植物園で開催される花見祭りで演武や、弓道体験を行っています。
They are also actively promoting the spread of Kyudo, and they perform Kyudo at the Hanami Festival held at the Budapest Botanical Garden.


花見と演武も相性が良さそうですね!日本では桜の季節になるといたるところで花見をしているので、来年の花見シーズンに
何かイベントを企画してみようかなと思いました。(完全に触発されています。)

Hanami and Enbu also seem to be compatible! In Japan, we do a lot of Hanami in season, so next year’s Hanami season,
I thought that I would like to plan an event. (completely inspired.)

また、ハンガリーではグラス弓を製作している方々がいます。
正直とても興奮しました。茶色の弓の関板のデザインとか素敵じゃないですか?

In addition, there are people in Hungary who are making glass Yumis.
I was very excited honestly. Nice design of brown bow`s Seki-ita. Isn’t it?

グラス弓製作・販売のホームページはこちら → https://www.yumi.hu/angol/
個人的にも機会があれば是非引いてみたいですね!
今後のハンガリーの弓道事情から目が離せません。

Glass Yumi production and sales website is here → https://www.yumi.hu/angol/
I want to use it personally! Keep an eye on future Hungarian Kyudo.

ハンガリー弓道連盟 Hungarian Kyudo http://kyudo.hu/
武弓会 Bukyu-kai                  http://www.bukyukai.hu/

この記事を書いている4/17の午前、実はとても緊張をしています。
というのも、先日upした「在メルボルン日本国総領事館にて弓道の紹介展示」の件ですが、編集長の奥野も視察に行きます。
こうやって記事で「海外で普及活動頑張ってて凄い!」と書いているだけでは、個人的にとても物足りなさを感じていました。
実際に自分の目で見て、海外での弓道普及の現状を感じて来れればと思います。
次回はおそらくその時の記事になるかと思います。お楽しみに!

I am very nervous in the morning of 4/17 writing this article.
Although it is the matter of “Introduction to the introduction of archery at the Consulate General of Japan in Melbourne”, which was up the other day, the editor-in-chief Okuno also visits.
In this way, I just felt personally very deficient just by writing in the article, “spreading kyudo activities abroad is very nice!!”
In fact, I would like to see with my own eyes and feel the current state of the spread of Kyudo abroad.
Next time, I think it will probably be an article at that time. Please looking forward it!

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る
Translate »