射楽 Sha-Raku 弓道体験場

今回の記事では、広島に拠点を構える弓道体験場『射楽 Sha-Raku』さんのご紹介です。
原爆ドームより徒歩3分という好立地で弓道体験!編集長も射楽さんの存在を知った時に震えが止まりませんでした(笑)
そこで、射楽の代表、金 憲司さんに射楽を開業するきっかけをお聞きしました。

In this article, it is the introduction of the Kyudo experience “Sha-Raku” based in Hiroshima.
In a good location, 3 minutes on foot from the atomic bomb dome! The shaking did not stop when I knew the existence of Sha-Raku.
I asked the representative of Sha-Raku, Mr. Kenji Kin, how to start Sha-Raku.

『高校時代に弓道部に在籍。高校卒業後は母校弓道部の技術面やメンタルサポートを長年しておりました。
前職は金融機関の営業職に従事しており営業先で私自身の話、弓道の話となったと時に「やってみたい、やりたかった、袴姿に憧れた、母校には弓道部が無くできなかった」など弓道に対しての興味関心の高さを知りました。そしてそれと同時に、弓道の敷居の高さと機会の少なさを改めて知りました。』

“I enrolled in the Kyudo club in high school. After graduating, I supported the Kyudo club about technical and mental.
Before I worked in sales positions at financial institutions, and when I talk about Kyudo in my place of business, I heared “I want to do it, fascinated by hakama, no arch club in my alma mater so I could not do,”
I learned about the high interest in Kyudo. And at the same time, I learned again about the height of the Kyudo threshold and the lack of opportunities. ”

『そこで、弓道の機会の提供と敷居の引き下げができれば、もっと弓道の楽しさや難しさ、素晴らしさを知ってもらえれるのではないかと考えてた折に、宮崎の四半的、岐阜高山の半弓道場、その他に全国に弓が体験できる場所を知り、それならば自分でもお店をできるのではないか、地元広島で開業すれば関心がある人が来てくれて、弓道を始めるキッカケになるのではないか。また、弓道経験者が懐かしんでくれたり、これから弓道部に入ろうと思っている子ども達にとっても良い影響があるのではないかと考えました。また、昨今のテレビドラマ、CM、漫画、アニメなどでの弓道のメディア露出の増加。訪日外国人旅行者の増加と外国人の日本文化の興味関心の高さもプラスになると考えております。  複合的な昨今の状況でお店を開業するのであれば今しかないと思い開業を致しました。 』

“Therefore, if I could offer opportunities for Kyudo and reduce the threshold, we would like to know more about the joy, difficulties, and wonders of Kyudo. I knew the place where experience the Yumi all over the country, then you may not be able to shop by yourself, or if you open at the local Hiroshima, people of interest will come and you will be able to start Kyudo. Is not it? ”
“In addition, I thought that it would have a positive effect on children who have experienced Kyudo and who are nostalgic and want to enter the Kyudo club from now on. In addition, the increase in media exposure of the Kyudo in recent TV dramas, commercials, cartoons, and animations. The increase in the number of foreign tourists visiting Japan and the high interest of foreigners in Japanese culture will also be positive. I thought that it was only now if I opened a store in a complex recent situation, and did it. ”

熱い!熱い想いですね。並々ならぬ弓道愛を感じます。
今までに数多くのお客さんが体験をした中で、一番嬉しかったエピソードはどういったことでしたか?とお聞きしました。
『アメリカから日本へ定住しているアメリカ人女性がアメリカのファミリーとご来店された時のことです。
その際に住んでいる地域の弓道教室を調べて教えてあげると、実際に通い始めたと報告のメールがありました。 』

Hot! It’s a hot feeling. I feel an unusual Kyudo love.
I asked what did you like the most happy episodes of the many customers who experienced so far?

“When an American woman who settled from Japan came to the store with an American family.
At that time, I examined the Kyudo school in the area.After that,she gave me a Email about she beginning a Kyudo ”

射楽が実際に弓道を始めるキッカケになったという事ですね。
弓道のみならず、何かを始めるという事はとても大きなエネルギーが必要な事だと思っています。
時間やお金はもちろん、「やってみよう!」と思う勇気は計り知れないものです。
そしてそれが長く続いていくものであれば、もはや生活の一部にもなってきます。
そのお客さんが弓の世界に踏み出すほど、とても良い経験だったのだと思います。
素晴らしき弓道普及!

また射楽の代表、金さんが運営する広島弓道商店も要チェック!
ステッカーやキーホルダーが販売されています。

ご家族やご友人を連れて是非、射楽さんへ弓道体験をしにいきましょう!

It means that Shakugaku has become a kickback that actually starts Kyudo.
I think that not only Kyudo, but starting something requires a great deal of energy.
Time and money, the courage to think “let’s do it!” Is immeasurable.
And if it is something that lasts long, it will no longer be part of life.
I think that it was a very good experience as the customer stepped into the Kyudo world.
Great Spreading of Kyudo!

Also check out Shiroku’s representative, Hiroshima Kyudo Store, run by Mr. Kin! Stickers and key chains are on sale.

Bring your family and friends and let’s go on a Kyudo experience!

————
弓道体験場 射楽 Sha-Raku
広島県広島市中央区大手町1-5-12 にしむらビル3F
AM9:00 – PM11:00 不定休
Sharaku910@gmail.com
080-6469-0220

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る
Translate »