本多流通信射会が各地にて開催中 Honda-ryu Correspondence Shakai

本多流生弓会による通信射会が今年6月〜8月の期間、各地にて開催されています。
弓道ジャーナル編集長はご厚意により、三年連続で埼玉西部地区の射会に参加させて頂いています。

Honda-ryu correspondence Shakai are held at various Dojo from June to August.
Kyudo Journal editor chief participated in western Saitama Prefecture for the third consecutive year.

射会の初めに本多流の射礼を披露頂きました。初めて本多流を見る参加者も多く、みなさん目を奪われていました。

At the beginning of the Shakai, they showed off a Honda-ryu sharei. Many participants saw Honda-ryu for the first time, and everyone was robbed.

体配だけではなく、着付けも異なる点があります。とても勉強になりますね。
Not only the Taihai also the Kitsuke is different. That’s very interesting.

 

この日参加させて頂いた埼玉西部の射会では、上位25名に賞品があり、それぞれに本多流の冊子も配られました。
様々な流派が混在しているのも、弓道の魅力の一つだと思います。他流派の射法も、普段の練習のヒントになりそうですね。
In the Saitama Western that I participated on that day, the top 25 people received prizes, and each booklet was also distributed by Honda-ryu.
One of the attractions of Kyudo is that various Ryuha are mixed. I think another Ryuha’s Shaho seems to be a hint for practice.

この日の埼玉は34度、体感気温は40度を超えていたそうです。夏真っ盛りですね。
みなさん練習ではくれぐれも熱中症に気をつけてください。よい弓道ライフを!

It seems that Saitama on this day was over 34 degrees Celsius and the temperature felt was over 40 degrees. Summer!
Please be careful about heat stroke in your practice. Have a good Kyudo life!

一般財団法人 本多流生弓会 Honda-ryu Seikyu-kai

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。


ページ上部へ戻る
Translate »