弓具のおすすめメンテナンス法②

前回Previously
弓具のおすすめメンテナンス、第二回です。
Recommended maintenance, the second

①握り下の接着剤 Glue under the grip

写真は朝矢弓具店HPより引用 photo from Asaya-Kyugu HP
握り下の接着剤はクリアボンドを使用します。接着力も申し分なく、剥がす際も綺麗に剥がれます。

編集長も握り下は速乾タイプのクリアボンドで固定しています。クリアボンド使いやすいですよね。

The adhesive under the grip uses rubber adhesive. Adhesive strength is perfect, and when peeled off, it comes off neatly.

I use quick-dry type rubber adhesive too. Rubber adhesive is easy to use, isn’t it?

②矢筒の底上げ Raising the floor of Yazutsu.
 

矢の頭が矢筒から少し出るようにしておけば、視認性も取り出しやすさも向上します。

情報提供者さんは硬めのスポンジを使用しているとのこと。これは矢が短い方にも有効ですね。
これと似ていますが、蓋の裏に柔らかいスポンジや布を詰めて、矢筒の中で矢が動かない様にする工夫もあります。

Keeping the arrow head(Hazu) slightly out of the Yazutsu will improve visibility and ease of removal.

The information provider is using a hard sponge. This is also effective for those with short arrows.
Similar to this, there is also an Ingenuity to stuff the back of the lid with a soft sponge or cloth to keep the arrow from moving in the Yazutsu.

③餅米の活用 Use glutinous rice

弽の補修革に餅米を使用します。餅米の糊は回りの革と馴染みやすく接着した箇所が、硬くならずに済むと聞きました。

こちらは情報提供者さんが弓具店で教わった方法とのこと。
餅米の量や種類にも左右されそうですが、デリケートな弽の修理に有効かもしれません。

Use glutinous rice for YUGAKE repair leather. Glutinous rice is easy to fit with the surrounding leather, and it was not hardened.

This is the maintenance method that the information provider taught at the Kyugu-ten(Kyudo shop).
It seems to depend on the amount and type of glutinous rice, but it may be effective in repairing delicate YUGAKE.

引き続き様々な情報を募集しております、写真付きですととてもありがたいです。
是非ご連絡ください!よろしくお願いいたします。

We are still looking for various information, and it is very grateful if you have a photo.
Please contact us! Thank you.

情報提供はこちら
もしくは info@kyudojournal.com
Click here for information
Or send Email to info@kyudojournal.com

 

関連記事

コメント

    • 脇坂明弘
    • 2020年 3月 10日

    切れ弦の話しです。
    切れ弦は、中仕掛け・ワラジに使いますね。
    その他に巻き藁の上からたらして的の代わりにしたり、初めてて輪をつくる為の模型に
    弦の下の輪は、5個以上集めておき
    参考本に載っている輪の作り方を集めた輪で、立体模型を作り残った輪で練習に使ってもらいます

  1. この記事へのトラックバックはありません。

ページ上部へ戻る
Translate »